究極のフード皿シリーズは
秘窯の伊万里焼大川内山より
先祖代々受け継がれてきた
歴史ある窯元の伝統技術と
新技術を融合させて創り上げました



愛猫が使いやすい器を

大量生産ができない特別なデザインは1つひとつ手作業で行っています。フード皿に入る量は30~40g、水皿に入る量は約250㏄と十分な量が入るように設計してあるため、ライフステージに合わせて使えます。







3つのこだわり




高さを成長に合わせて

無害無臭の塗料を木材に塗り重ねて光沢のあるスタンドに仕上げました。アクリルプレートで高さをつくり、1番食べやすい高さを研究して完成したスタンドです









柔らかなあたたかさを

硬い床で食べるよりもフカフカしたマットの上で食べてほしいという思いから、触り心地の良いタオルを目指して今治タオルのジャガー織を使用し洗って使えるタオルにしました

   

フード皿・水皿の使いかたはこちら>>